FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ・ワーキングホリデー最新サポート状況(4月5日更新)

2017年度のワーキングホリデービザ申請状況についてお知らせします。
このレポートは、約2週間に一度更新されます。
最新情報は以下でご確認ください。
http://agent.jpcanada.com/manual/workingholiday.html

<最近の出来事>
・3月の抽選は一度もありませんでした。
  正確には、週に1人(2週間で2人)の当選が発表されていましたが、
  弊社の見解では、実際に当選した人はいないとにらんでいます。
・4月4日より、抽選が再開されました。
  昨日、約1ヶ月ぶりに抽選が行われました。ただし、
  当選確率が28%(54人中15人当選)でしたので、
  本日以降も、引き続き当選者が出ると見込んでいます。(後述のコラム参照)
・審査が大変早いです。4月4日当選者15人中10人は、申請と同じ日に結果が届きました。
・4月5日も、引き続き当選者が出ています。
  これは、4月4日に当選した人の数が多かったため、メールが送られて
  くるまでに1~3日ほどの日数を要しているものと思われます。

<初めての方へ:カナダワーキングホリデー申請概要>

ワーキングホリデーには、年度があり、それに対して定員枠があります。
2017年度の枠は6500人となっており、2016年10月末よりスタートしています。

カナダのワーキングホリデー申請は、以下の7ステップで進んでいきます。
(1)登録 ⇒ (2)抽選 ⇒ (3)当選 ⇒ (4)申請 ⇒ (5)審査 ⇒ (6)引換証取得 ⇒ (7)出発(ビザ取得)

※(6)が届くと「ビザが取れた」と表現されることが多いですが、それは
 正確には「ビザ引換証」です。カナダ入国時に正式なビザが発行されます。

抽選は不定期で行われています。2017年度の傾向としては、
1週間の間に複数回抽選が行われることもありますが、
2週間近く動きがないこともあります。

最近では、2月14日の抽選で全員が当選する一方で、
一転して、2月27日の抽選の当選者は1人(5%)でした。

また、過去には、抽選が長く行われなかったこともあります。
事実、2016年の事例を見ると、2ヶ月もの間、抽選が行わ
れないということもありました。

ですので、1年以内にワーキングホリデーでご出発予定の方は、
1日でも早くPoolへ登録することが重要となります。

また、2017年は審査が早く、また、厳しく審査されているのも大きな特徴です。
Jpcanada留学センターでは、(3)当選 ⇒ (4)申請 は、早ければ当選当日、遅くても当選から3営業日以内に申請を終わらせるようにしています。
その甲斐もあり、122人の当選者の中から、すでに121人の人に許可が降りています。平均の審査期間は、おおよそ1~3週間程度です。

<重要:審査の難易度>
ワーキングホリデーの審査は、毎年厳しくなってきています。
ですので、当選しても、その後に本申請がありますから、気を抜くことはできません。
ちなみに、昨年(2016年度)は、定員6500人に対して、8496人が当選しました。
しかし、最終的に許可が下りたのは6500人です。審査通過率は、76.5%です。
つまり、4人に1人は、せっかく当選したとしても、その後の書類提出で
落とされてしまっている計算となります。
2017年度の審査通過率は、昨年と同じく、約75%となっています。

つまり、昨年と同様に、4人に1人の割合でビザが取れていないようです。

<コラム:Poolからどのくらいの確率で当選するのか、予測可能なのか?>
Poolに登録された人から、どのくらいの確率で当選するのか、
実は、予測することが可能です。これは、カナダ政府のページに
「次回抽選で何%ほど当選させるのか?」を表示しているページがあります。
このページの評価は5段階となっています。(以下の通り)
Excellent = 80% - 99% chance
Very good = 60% - 79% chance
Fair = 40% - 59% chance
Low = 20% - 39% chance
Very low = 1% - 19% chance
先週まで、こちらの表示が「Very low」でしたが、先週末あたりから
「Very good」に変わりましたので、60% - 79%の確率で当選となる
計算です。弊社のサポート中の生徒で4月2日現在Poolへ登録していた人が
54人いましたので、そこから予測すると、今回の抽選では、32人~43人
くらい当選するはずです。(但し、確率なので、多少は前後するかもしれません)
また、多くの人が当選する場合は、1回の抽選の結果が届くのに
1~3日ほど日数を要するため、4月4日の抽選で当選したであろう
32人~43人のうち、まずは、15人分がその日の内に連絡がありました。
残りは、今日(4月5日)と明日くらいに別れて連絡が到着すると思われます。
このように、弊社では、数多くのワーキングホリデーの方の申請を
手がけておりますので、より正確な状況を皆様へお伝えすることが可能です。
お問い合わせやご相談は、以下のページよりお願いします。

●Jpcanada留学センター 無料ワーキングホリデービザ相談・学校相談はこちら
http://www.jpcanada.com/agent/inquiry.html

<カナダ政府発表数字:3月31日現在>
ワーキングホリデー定員:6500人
ワーキングホリデー残数:3818人

<政府全体>
  当選人数(Invitation発行数):3596人
  引換証発行人数(ビザ引換証取得):2682人
  審査通過率:75%(2682人÷3596人)

<JPCANADAサポートチーム実績:4月4日現在>
  当選人数(Invitation発行数):137人
  引換証発行人数(審査通過):132人
  審査通過率:96%(132人÷137人)※残る5人も数日で許可される予定

<グラフの説明:4月4日現在>
Jpcanada留学センターがサポートする生徒については、
社内のビザサポートチームが責任をもってビザ申請処理を行っています。
グラフは、弊社が今年ビザサポートを行っている生徒のビザ申請進捗状況です。
計194人のビザサポートを行い、内176人をPoolへ登録、
内137人が当選し、132人に許可証が届いています。
過去の実績で言うと、抽選で選ばれた方の許可証取得率は「100%」です。

カナダワーキングホリデーサポート状況(2017-04-05)

グラフの説明: ※クリックするとグラフが大きくなります。
青(申請準備中)→緑(Poolで当選待ち)→黄色(当選&ビザ申請)→赤(審査通過&ビザ取得)
と進んでいきます。赤い丸があるのは、抽選が行われた日です。
※これは弊社の独自統計ですので、丸がない日でも抽選が行われている可能性はあります。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


留学 カナダ ワーホリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。